• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 朝日大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 保健医療学部

私立大学/岐阜

アサヒダイガク

保健医療学部

定員数:
200人

医療分野での教育・研究成果をバックボーンに、実践的な学びで、スポーツ・看護の最前線へ

学べる学問
  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    人間科学は、「人間とは何か」という問いに対し、人文科学、社会科学、自然科学のあらゆる領域からアプローチしていく学問です。人間に関することならなんでも研究テーマになり得るため、自分や身の回りの人をもっと深く理解したい、人の行動心理が知りたいなど、人に対してなんらかの興味がある人に向いています。卒業後の進路としては、専門分野によっても異なりますが、教育、マスコミ、心理士やカウンセラーといった道が代表的です。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    看護とは、人がもっている生命力を最大限に引き出し、自分らしく生きるためのサポートをすることです。看護学は、そんな看護の方法を、理論と実践の両面から探究する学問であるといえます。分野は人の発達段階によって、小児、成人、老人などのに分かれるほか、「基礎看護学」や「精神看護学」、「地域看護学」といった分野があります。大学では、1年次は、人を理解するために、哲学や心理学、化学や生物学など、幅広い教養を身につけます。学年が上がるとその学びは徐々に専門的になり、多くは、病院や診療所、福祉施設などでの実習を伴います。現場にでることでさらに知識を深め、技術を磨き、看護の方法を身につけていきます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 消防士

    火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める

    火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。

  • 自衛官

    日本の領土と国民を守り、国際社会の平和を担うプロ集団

    自衛官は、日本の領土、領海、領空を守ることを使命とした職業です。外部勢力から国を守る防衛、大規模災害などの事態への対処、国連平和協力活動(PKO)に代表される国際貢献がおもな任務です。防衛省の実動組織としての自衛隊には、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3つの組織があり、自衛官を志す人は、いずれかを志望先として選択することになります。高校卒業後の進路には、自衛隊の中核となる一般曹候補生、2年または3年の期間限定で勤務する自衛官候補生があります。さらに防衛省には、幹部自衛官を養成する機関があり、国家公務員の業務として学業に臨むコースもあります。

  • 看護師

    患者の心身のケアに、医師の診療・治療介助。医療を最前線でサポート

    病院や診療所で、医師の指示に従って、診察や治療のアシスタントを行い、患者さんの症状を正確に把握し、適切な看護をする。最近では、医療の専門分化に伴い、職務も専門化してきている。看護は技術に加えてメンタルな部分も多く求められている。

  • 保健師

    保健指導を通して地域で暮らす人々の健康を守る、予防医療のエキスパート

    保健師は、保健所や保健センター、企業、病院、学校に勤務し、健康相談・保健指導などを通して、地域の人々の健康を支える活動をします。看護師の仕事が病気の患者さんの治療・回復をサポートすることである一方、保健師の仕事は、病気になる人を1人でも少なくするための「予防」や「対策」がメインになります。保健師として働くためには、看護師免許と保健師免許、2つの国家資格の取得が必須条件。卒業と同時に2つの国家試験受験&合格を目指せる4年制の大学や専門学校に入学するほか、看護師免許を取得した後に1年制の保健師養成学校で保健師免許の取得を目指すことでも、保健師としてのキャリアをスタートすることができます。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • 体育教師

    授業や課外活動でスポーツの指導をする

    児童・生徒に陸上競技、球技、水泳など様々なスポーツの指導や、体の仕組み、応急処置などの知識を教える。積極的に運動を楽しむこころを育てるとともに、適度な運動で健康な体をつくることをめざす。中・高等学校では運動部の顧問として活躍することも多い。

  • プロスポーツ選手

    専門のスポーツ競技の分野で、自分の実力で勝負

    プロ野球、サッカーのJリーグ、ボクシングやゴルフなどプロスポーツの世界はさまざまな分野がある。どの分野でやるにしても、スポーツでお金を稼ぐということは並大抵のことではない。憧れの大きい分、競争社会であり、実力次第で天と地の差がはっきりでる。でもスター選手を目標に頑張るだけの価値がある魅力的な仕事だ。

  • 監督・コーチ

    スポーツ選手の強みや弱みを把握し、勝てる選手になるよう鍛え、試合を導く

    野球やサッカー、バレーボールなど、プロおよびアマチュアスポーツの監督・コーチとして、選手の育成や試合の指導を行う。医学やスポーツ科学など科学的なアプローチのし方から、メンタル面の支援など、幅広い知識と経験も問われる。個々の選手の強み・弱みを把握し、より強くなるよう指導したり、「勝てる」試合運びを指導したりする。Jリーグでは日本サッカー協会が認定する指導者資格(コーチライセンス)のS級を取得していないと監督になれないなど、競技によって、コーチ育成のための研修・資格認定を受ける必要があることも。

  • スポーツ審判員

    各種競技によって審判員制度がある。実績を積みながら大きな試合の審判員へと成長する。

    野球やサッカー、バレーボール、テニス、柔道など競技によってそれぞれ審判員の制度があり、資格を取得して審判を行う。中には弟子入りして修業を重ねるものもある。ただし、スポーツ審判員を主な収入源として仕事にできるのは、プロ野球、相撲、一部の格闘技、競馬・競輪の判定程度。ほとんどは本業を別に持ち、ボランティアとして協力するのが一般的。とはいえ審判員の経験や知識は重要で、実績を積みながら次第に大きな試合の審判へと成長する。ちなみにプロ野球の場合は、セ・パ両リーグがそれぞれ不定期で採用試験を行う。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

朝日大学病院と連携した教育体制で、地域医療の今と未来を担う、高度な知識と技術、豊かな心をもつ看護専門職を育成

健康科学・スポーツ科学の専門知識と実践技能及び指導技術を修得。地域のスポーツの推進に貢献する人材を育てる

キャンパスライフShot

朝日大学 スポーツを科学的に捉え、保健体育の教員や、地域スポーツを支える人材を養成します
スポーツを科学的に捉え、保健体育の教員や、地域スポーツを支える人材を養成します
朝日大学 大学病院と連携した教育環境で実践的な看護を学びます
大学病院と連携した教育環境で実践的な看護を学びます
朝日大学 21の診療科を擁し、先進的な医療を提供する朝日大学病院と連携しています
21の診療科を擁し、先進的な医療を提供する朝日大学病院と連携しています

学部の特長

学ぶ内容

学びの特長
【健康スポーツ科学科】将来の目標に合わせて2つのコースを設定。「健康科学コース」では、スポーツと身体活動を通じた健康づくりの意義と、スポーツ指導者としての健康に関する資格の取得に必要な知識を修得します。「スポーツ科学コース」では、スポーツ医科学や体育学の基本知識、体育実技の種目に応じた教授方法など、体育教員となるために必要な知識や技能を修得します。
【看護学科】21の診療科を擁し東海地方でも有数の外科病院である朝日大学病院と連携。医学に関する科目は専任教員である朝日大学病院の医師が講義を行うことで、医療現場で求められる知識や能力、看護職としての心構えなども含め、医療現場からの最新の情報に直結した環境で学ぶことができます。

資格

取得できる資格
【健康スポーツ科学科】中学校教諭1種免許状「保健体育」〈国〉、高等学校教諭1種免許状「保健体育」〈国〉
受験資格が得られるもの
【看護学科】看護師〈国〉、保健師〈国〉※保健師〈国〉は選択制で15名までとなります。
資格取得支援
看護学科では、看護師の国家試験対策を1年次から開始。講義や模擬試験などのきめ細かな指導で徹底的に支援します。

施設・設備

専用フィールド(健康スポーツ科学科)
競技特性を考慮した専用のフィールドを完備。優秀な指導者が揃い、力のある学生同士が日々、切磋琢磨できる環境が整っています。さらに3つの併設医療機関での診療費補助制度でアクシデントにも対応しています。

学部のプロフィール

開設の目的
【健康スポーツ科学科】医療分野における教育研究の蓄積と、体育会活動での指導実績を最大限に活かし、保健体育の教員から年齢に応じて対応できるスポーツの指導者、地域スポーツを支える人材の育成を目指します。
【看護学科】前身となる岐阜歯科大学から数え、40年以上にわたる歯科医師・歯科衛生士養成で培った教育の伝統を活かし、地域の保健・医療・福祉の発展に貢献する看護師の育成を目指します。

就職率・卒業後の進路 

■予想される進路
【健康スポーツ科学科】教員、競技スポーツ指導者、自治体などの生涯スポーツ指導者、スポーツクラブスタッフ ほか
【看護学科】病院・診療所、訪問看護ステーション、介護老人保健施設、公務員、進学(大学院) ほか

問い合わせ先・所在地

〒501-0296 岐阜県瑞穂市穂積1851
0120-058-327 (入試広報課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
岐阜県瑞穂市穂積1851 「穂積」駅から無料スクールバス 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

朝日大学(私立大学/岐阜)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る