• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • 神戸国際調理製菓専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 調理スペシャリスト本科/昼間2年制

神戸国際調理製菓専門学校 調理スペシャリスト本科/昼間2年制

定員数:
40人

実習918時間以上+インターン90時間以上!卒業時には最大で8種類の資格を取得可能

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • ショップ・店オーナー・経営者

    ショップの所有者兼店長。自分のアイデアをフルに生かして店を経営する

    自分の資金で店舗物件を借り、商品をそろえるため、開店したショップは自分の所有物(個人事業主)になる。オーナーであると同時に店長として店舗に立つ人が多い。業務内容は普通の店長と変わらないが、仕入れでも内装でも自分のアイデアを自由に実現しやすいのが魅力。経理や資金繰りなど経営面の責任は重大。

  • 調理師

    自分の作った料理でお客さまを笑顔にする

    味が良く、見た目に美しく、衛生的にも営業的にも優れた料理を作る職人。和、洋、中、イタリアン、すし、日本そば等、その分野は幅広い。技術だけでなく、盛り付けのセンス、新しい味を生み出す研究心も要求される。将来独立するなら経営的センスも必要

  • シェフ

    料理人のトップにたって、厨房をしきる最高責任者

    ホテルやレストランなどの厨房は、さまざまな料理人が自分の持ち場をしっかりこなして料理を仕上げていく。そのすべてをしきり、段取りから最終の味覚チェックまでお客様に出すすべての料理に責任をもつ。シェフと呼ばれるまでには、さまざまな現場の経験と実績を積まなければならず、真の実力がないとなれない。

  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • 料理研究家

    料理レシピを研究・開発し、広く発信。「食」で人を笑顔にする

    料理研究家の主な仕事は、オリジナルレシピの開発や、飲食店のメニュー・食品メーカーが販売するお弁当などといった商品の監修、企業の販促用レシピの開発などです。考案したレシピは、各種メディア(出版社・テレビ局・WEBメディアなど)・企業・地方自治体などに提供し、その対価として受け取る報酬が収入になります。人気が出ると、レシピ本の執筆のほか、料理番組の講師として活躍する人もいます。料理研究家を名乗るのに明確な規定はなく、特別な免許や資格も必要ありませんが、大学や専門学校に通って「調理師」「栄養士」「管理栄養士」の国家資格や「フードコーディネーター」などの民間資格を取得し、その知識を仕事に生かしている人がたくさんいます。料理人が料理研究家に転身したり、趣味で運営していた料理ブログが注目されて料理研究家デビューを果たす主婦がいたりと、料理研究家になるルートは実にさまざまです。「料理が好き!」「自分が開発したレシピで人をよろこばせたい」という気持ちがあれば、誰にでもその可能性が開かれている職業といえるでしょう。

  • フードスペシャリスト

    食品に関する専門知識を活かし、消費者との橋渡しをするスペシャリスト

    食品の流通や販売、レストランやホテルなどの飲食関係の世界で食のプロとして活躍する。食品の品質判定や食品情報の収集・提供などを行って、消費者からの信頼を得て販売促進につなげる仕事をしたり、レストランやホテルなどでは料理やメニュー、食卓、食空間などのコーディネートを行ったりする。食品会社や食品に関わる企業で活躍するほか、外食関係のコンサルティングを行う企業、個人で活躍することも。日本フードスペシャリスト協会が認定した大学・短期大学で所定の単位を履修すると「フードスペシャリスト」の資格が得られる。

  • パン職人

    食卓に驚きを。人々の笑顔を引き出す、理想のパン作りを追求

    パン職人は美味しいパンをつくるプロフェッショナル。パンは老若男女問わず広く愛され、今や日本人の生活に深く浸透しています。スーパーやコンビニでも購入することができますが、パン屋さんのパンはやはり特別。焼きたてのパンを求めるお客さまのため、朝早くからお店をオープンさせます。パン職人になるのに必要な免許や資格、問われる学歴はありません。自分で店を開きたいなら「菓子製造業許可」や「飲食店営業許可」を取得すればOKです。ただし、美味しいパンが焼けるようになるにはコツがいりますので、製菓・調理専門学校に通うほか、パン屋で働くなどして、プロの技から学ぶ必要があります。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

  • 料理人

    和・洋・中などのレストランで調理や新メニュー開発を担当する職人

    レストランやホテルなどの厨房で調理を担当。和食、洋食、イタリア料理、フランス料理、中華料理、懐石料理など料理の分野はいろいろあり、それぞれに専門的な技術を磨いた料理人が活躍している。おいしい料理を作ることはもちろん大切だが、プロとして、毎日その店の味を安定して再現できる技術や調理のスピードも求められる。また、新メニューの開発も料理人の仕事の一つ。そのため、料理への探求心や発想力も必要とされる。飲食店だけでなく、結婚披露宴などの調理で活躍する人も。

初年度納入金:2023年度納入金 174万円  (諸経費、海外研修費などは別途必要)
年限:2年制

神戸国際調理製菓専門学校 調理スペシャリスト本科/昼間2年制の学科の特長

調理スペシャリスト本科/昼間2年制のカリキュラム

視野を広げて洋・和・中の多様なメニューをマスター。一流の技を習得し調理のスペシャリストへ
1年次で基礎をしっかりと学び、実習中心の2年次でさらにスキルアップ。
インターンシップやフードプランニングなど、即戦力となるためのプログラムも充実しています。

調理スペシャリスト本科/昼間2年制の授業

レシピを考え販売する授業「フードプランニング」
実際に店舗で販売するレシピを学生自らが考案。お客さまの立場に立って考え、売れる商品について情報収集するなど、一つひとつの経験によりプロとして働く意識やチカラを養います。
神戸国際調理製菓ならではの創作イベントの全工程を体験!得意分野も見つけられる
調理のスペシャリストに必要な想像力、創作力のレベルアップを目的に料理以外の知識と技術を学習します。例えば、生花、チョークアート、紅茶学、写真学、カラーコーディネートなどの授業があります。

調理スペシャリスト本科/昼間2年制の先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    技術やレシピだけでなく、料理人に必要な心を学べる「日本料理実習」

    先生が担当する「日本料理実習」では、包丁を研ぐことから、下ごしらえ、調理、盛り付けまでを実践的に学びます。その中で先生が大事に伝えているのは“お客さまはもちろん、産地で食材をつくる人、運ぶ人、包丁や鍋などの道具をつくる人への感謝の気持ち”を持つこと。料理人の基本であり、良い料理を…

    神戸国際調理製菓専門学校の先生

調理スペシャリスト本科/昼間2年制の実習

実習時間は918時間以上と充実した内容
包丁の研ぎ方、調理器具の扱い方から野菜の切り方、魚のおろし方まで、料理の基礎をじっくりと学習します。「基礎を繰り返し、何度も練習」することで応用技術も身につけます。ゲスト・シェフの直接指導も含む実習時間は918時間以上と充実した内容になっています。

調理スペシャリスト本科/昼間2年制の学生

  • point キャンパスライフレポート

    和・洋・中の料理を学べるから、料理人としての可能性も広がる!

    こどもの頃、親に料理を教えてもらってつくり、親に食べてもらって喜んでくれたのが料理人に興味を持ったきっかけ。この学校は、プロから2年間じっくり、しかも和・洋・中の色んな技を教われるのが魅力でした。

    神戸国際調理製菓専門学校の学生

調理スペシャリスト本科/昼間2年制の卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    大切な記念日を演出する最高の料理とサービスを、心を込めて提供しています

    「30歳になるまでに独立したい」という目標を実現し、29歳の時にオープンしたのが今のイタリアンレストラン「ジャンカルド」です。最初は武庫之荘で地元に愛されるお店をめざしてスタートしました。そこで実績を築く中で、「もっと結婚や誕生日など、記念日に特化したお店を」と考えて、2013年…

    神戸国際調理製菓専門学校の卒業生

調理スペシャリスト本科/昼間2年制の雰囲気

「サマーチャレンジ実習」で、学科を超えた交流を実現
7、8月には「サマーチャレンジ実習」を実施し、調理や製菓実習を無料で受講できます。他学科との交流は、新しい発見をするヒントにも。全学生が顔見知りという和やかでアットホームな校風が魅力です。

調理スペシャリスト本科/昼間2年制の研修制度

希望者には「海外研修」
現地のレストランや生産地を訪ね、食文化や歴史を探究する充実したプログラムです。現地の先生から直接指導を受け、本場の方法を学びます。そのほか観光地を訪問したり、ヨーロッパの食文化や伝統を感じられ、料理の感性を磨ける研修になっています。

神戸国際調理製菓専門学校 調理スペシャリスト本科/昼間2年制の学べる学問

神戸国際調理製菓専門学校 調理スペシャリスト本科/昼間2年制の目指せる仕事

神戸国際調理製菓専門学校 調理スペシャリスト本科/昼間2年制の資格 

調理スペシャリスト本科/昼間2年制の取得できる資格

  • 調理師<国> 、
  • ふぐ調理師(ふぐ包丁師) (ふぐ処理責任者/兵庫県)

技術考査合格証(専門調理師・調理技能士学科免除)、食育インストラクター(希望者)、食品技術管理専門士

調理スペシャリスト本科/昼間2年制の目標とする資格

    • 介護食士 (3級)

    フードアナリスト(3級)
    ※年度により内容が異なることがあります。

神戸国際調理製菓専門学校 調理スペシャリスト本科/昼間2年制の就職率・卒業後の進路 

調理スペシャリスト本科/昼間2年制の主な就職先/内定先

    木乃婦、神戸ポートピアホテル、御所坊、シーサイドホテル舞子ビラ神戸、Wホテル大阪、天ぷらうらかみ、人丸花壇、ホテルコレクティブ、ラッフィナート、リゾートトラスト ほか

※ 2021年3月卒業生実績

神戸国際調理製菓専門学校 調理スペシャリスト本科/昼間2年制の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒650-0023 兵庫県神戸市中央区栄町通3-5-1
フリーダイヤル0120-03-1815(携帯可)
info@ikusei.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
兵庫県神戸市中央区栄町通3-5-1 JR・阪神・「元町(兵庫県)」駅から西口を出て海側へ徒歩 3分

地図

 

路線案内


RECRUIT