• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 札幌学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 人文学部
  • こども発達学科

私立大学/北海道

サッポロガクインダイガク

こども発達学科

募集人数:
50人

子どもの心理発達、教育について学ぶことで人間を捉え直し、今後ますます必要とされる「子どもの専門家」を養成する

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

目指せる仕事
  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    公立、私立の小学校で先生をする。学習指導要領に沿って授業計画を立て、生活と教科の指導を行う。音楽、図画、家庭科、体育などの専任教諭をおいている学校もあるが、原則として全教科を教える。授業以外にも授業の下調べや教材づくり、テストと採点、生活指導などやることは多い。

  • スクールカウンセラー

    子供専門のカウンセラー。快適な学校生活と人格形成に大きな影響を与える

    スクールカウンセラーは、生徒や児童のカウンセリングを行う。子供が自ら相談に来る場合だけでなく、普段から子供の言動に注意し、潜在的な問題にも取り組む。そのために、教師や保護者との面談、コンサルテーションや家庭訪問も大切な仕事の一つだ。

  • 児童指導員

    児童福祉施設での“親がわり”

    児童指導員は、養育放棄などのさまざまな事情で入所してきた子どもたちやしつけや学習指導、生活上のアドバイスを行う。また、児童相談所や子どもの通学する学校との連絡や、子どもの引き取りをめぐって親と連絡をとったり、面接をするなど、子どもの養育と社会関係の調節も必要な仕事。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • 社会教育主事

    教育委員会に籍をおき、公民館や博物館、図書館など社会教育を行う機関への助言や指導を行う。

    「生涯学習」という言葉が日常的に使われるようになってきた。公民館などで、パソコン、英会話などさまざまな講習会や勉強会が開かれている。また、博物館や図書館などでも、それぞれに工夫を凝らした学習プログラムを提供し、地域に広く開放している。各都道府県や市区町村の教育委員会に籍を置き、これらの生涯学習のプログラムやさまざまな社会教育に対して専門的な知識をもとに指導・助言を行うのが社会教育主事。社会教育主事になるための講習を受け認定を受ける必要がある。

  • 心理カウンセラー

    心のケアが必要な悩みを抱えた人の精神的自立を助ける

    ストレス社会の現代、さまざまな悩みを抱え、社会的適応不全を起こして苦しんでいる人たちが数多くいる。そんな人たちの心をいやすため、心理学的な知識や技能を用いて、その回復や解決の手助けをする。相談の内容や対象者によってもいろいろなカウンセリングの方法がある。

初年度納入金:2018年度納入金 106万5500円 

学科の特長

学ぶ内容

子どもの心を広く理解するため、子どもの発達と教育について専門的な知識と人間性を身につける
人間科学科において30年間にわたり「子どもの発達と教育」を研究してきた土台を活かし、初等教育をはじめ、家庭や地域における子育て支援、特別支援教育などについて専門的に学びます。50名という定員は、学生一人ひとりに行き届く教育を実践するため。臨床心理学科とも連携し、より専門的な学習を行います。

カリキュラム

4つの学びの領域を軸に、実践的に学べる充実したカリキュラム
「発達・心理」「社会・福祉・教育」「演習」「小学校教職課程科目」の4つの学習領域に沿った専門科目を用意。乳幼児期、そして青年期から熟年・老年期に至る人間の生涯発達に関連づけて学べるカリキュラムは、子どもたちの指導に役立つ実践的な内容になっています。

卒業後

子どもに関するプロフェッショナルとして、教育機関などの指導員として活躍する
「小学校教諭」をはじめフリースクールなどの教育機関、地域で必要とされている「子育て相談員」や「こども館の指導員」など、子ども教育のプロとしての活躍が期待されます。また、2014年度入学生からは、保育士<国>の取得が可能に。保育園や児童福祉施設等で子どもたちをサポートする道も開かれています。

資格

4年間の集大成として、小学校教諭1種免許状の取得ができる
学科の専門科目である「教科指導法」「教科に関する科目」などを履修することで、小学校教諭1種免許状を取得することができます。ほかにも、保育士、日本心理学会認定心理士、社会教育主事任用資格、学芸員の資格取得も可能です。
小学校教諭に加えて、保育士免許も取得可能に
今社会から求められる質の高い保育士を養成するため「保育士養成課程」を設置。赤ちゃんから乳幼児、青年期にいたるまでの「育ちの連続性」を学び、障がい児についても理解を深めます。また、ピアノが弾けなくても音楽の授業でしっかりサポート。また保育園での実習やボランティアを通して、実践的な学びを体験できます。

施設・設備

体験型学習と小学校教員養成のために、音楽室や図工室も完備
音楽室には教員用のアップライトピアノ(1台)のほか、学生用の電子ピアノを21台設置。授業外には、本学科の学生を中心に開放されています。そのほか、図工室をはじめ、理科室、家庭科室、図書館、総合体育施設など、実践的な学習ができる施設・設備が充実しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 小学校教諭免許状<国> (1種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 日本心理学会認定心理士 、
  • 保育士<国> 、
  • 社会教育主事任用資格

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    北海道教員(小学) 、 札幌市教員(小学) 、 青森県教員(小学) 、 沖縄県教員(小学) 、 札幌市教員(特別支援学校) 、 北海道教員(特別支援学校) 、 北海道職員(その他) 、 社会福祉法人わらしべ会 、 社会福祉法人光が丘学園 、 社会福祉法人はるにれの里 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒069-8555 北海道江別市文京台11番地 広報入試課
TEL:0120-816-555
nyusi@ims.sgu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道江別市文京台11番地 「大麻」駅南口から徒歩 10分
地下鉄東西線「新さっぽろ」駅直結のバス乗り場(北レーン)より9番または10番乗り場からJRバス乗車、12番乗り場から夕張鉄道バス乗車。いずれも「札幌学院大正門前」バス停まで約10分乗車、下車し徒歩 1分。

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

札幌学院大学(私立大学/北海道)