• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 栃木
  • 白鴎大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 法学部
  • 法律学科

私立大学/栃木

ハクオウダイガク

法律学科

定員数:
270人

社会が急速に変動する中で起きる様々な問題の解決に、豊かな法的素養を持って意欲的に取り組める人材を育成。

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 弁護士

    高度な法律知識で、依頼人の権利を守る

    裁判所の法廷において、代理人または弁護人として、依頼人の法律上の権利や利益を守り、国家権力による人権侵害から守る仕事。また、法律相談や契約書・遺言書などの法律文書の作成を始め、示談交渉などあらゆる法律事務処理を行う。

  • 検察官

    犯罪に訴えを起こすことができる唯一の職業

    刑事事件が起きたとき、警察官が捜査を進めますが、行われた犯罪に対して裁判所に正しい法律の適用を求めることができるのは検察官にのみ許された仕事です。被疑者を裁判にかけることはその人の一生を左右する可能性があるため、正義感だけでなく強い責任感が求められます。検察官になるには、最難関の国家試験である司法試験に合格する必要があります。

  • 裁判官

    法秩序を維持し、人権を守る司法の番人

    最高裁、高裁、地裁、家裁、簡易裁判所など全国にある裁判所で、民事、刑事、行政、家庭、少年など訴訟事件を審理し、事実を認定したうえで、法律を適用し、判決を下す。国民の権利擁護と、法秩序を維持するのが職務。

  • 司法書士

    市民の権利を守る法的手続きの専門家

    依頼人に代わって、裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類を作成し、手続きを行う。不動産や商業上の登記手続きを行う場合もある。将来独立して、事務所を開設することも可能。

  • 行政書士

    行政と市民の架け橋となる「街の法律家」

    個人や法人などの依頼を受けて、官公庁に提出する書類や、その他権利義務、または事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む)を作成し、提出手続きを代行する仕事。またそれに関連する手続きの相談を受けたりといった業務も含まれ、仕事範囲はとても広い。

  • 弁理士

    特許の出願・申請など手続きの代理人

    個々の発明者や企業などの依頼に基づいて新たに生まれた発明、考案などについての特許や実用新案、意匠、商標に関わる業務について特許庁に登録出願の代理をし、権利を守る。

  • 税理士

    納税の手助けをする仕事

    個人や企業の依頼に応じて、所得税、法人税、消費税、事業税、固定資産税など税務署に申告したり納税手続きを取る際の代行。また、会計帳簿の記帳や決算書の作成、その他の会計関係の指導や相談にも携わる。最近では、各社業務の合理化が図られているため、仕事の範囲や経営や財務の相談など税務処理以外にも広がってきている。

初年度納入金:2019年度納入金 125万7000円  (学業特待生/82万7000円)

学科の特長

学ぶ内容

初学者が主体的な学びを実践できるよう、少人数の「基礎ゼミナール」を配置
「基礎ゼミナール」に加え「基礎ゼミ・スタートアップ」(1年次生)も配置し、新聞記事や法律学、政治学の基礎的文献を素材に文章理解とプレゼンテーション、基本法律の条文の読み方等を学びます。「基礎ゼミ・ステップアップ」(2年次生)は法律・政治系基本科目の理解と「専門ゼミナールI」への橋渡しを目的としています。
学修成果が達成されるように、体系的な教育課程を編成
専門選択科目には、少人数制の授業環境のなかで特定のテーマについて討論を重ね、学習を深化させることができる「専門ゼミナールI」(3年次)及び「専門ゼミナールII」(4年次)を多数開設し、特にこれら「専門ゼミ」では履修者の能動的学修を重視しています。

カリキュラム

学生の主体性や多様性を尊重し、興味・関心に沿って自由に履修できる自主選択科目を設置
学生が自己の進路を意識しながら授業科目を選択できるよう、コース制を採用しています。これは、学生が将来の目的・職業等に応じて科目選択をしようとする際に参考となるモデルを提供するものです。「市民コース」「司法コース」「行政コース」「企業コース」「国際コース」があります。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    法律の知識を生かし人の役に立つ仕事をしたい。第一志望は公務員です

    法律を学びたいと考えていたので法学部を選びました。白鴎大学を選んだのは公務員採用試験の合格者が多いから。2018年度は102名の先輩が現役合格しています。「学業特待制度」で学費が減免されるのも魅力でした。

    白鴎大学の学生

卒業後

法曹界だけではない。法学部生の多様な進路
法律とは社会や日常生活を構成する基本的なルールです。法学部で学ぶ学生は必ずしも弁護士・検事・裁判官など、司法の道をめざす学生ばかりではありません。公務員として行政機関において法律知識を生かしたり、一般企業で活躍するなど、その進路は幅広いものです。

入試

メリット満載の「学業特待入試」にチャレンジ!
全定員の1/3以上を募集する「学業特待入試」で学業特待合格すると学費が国立大学より安くなり、さらに成績上位者には学費全額免除生選考もあります。特別な受験資格はなく入学手続締切は国立大学の合格発表後(一部の国立大学を除く)センター試験の得点が利用でき、本学のほか東日本11都市で受験可能などメリット満載です。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (一種)

目標とする資格

    • 司法書士<国> 、
    • 行政書士<国> 、
    • 弁理士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    県庁・市町村役場 、 警察署 、 消防署 、 自衛隊 、 藤井産業 、 堀川産業 、 常陽銀行 、 足利銀行 、 日本郵便 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒323-8586 栃木県小山市駅東通り2-2-2
[入試部]フリーダイヤル0120-890-001
nyushi@ad.hakuoh.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
本キャンパス : 栃木県小山市駅東通り2-2-2 JR「小山」駅東口より徒歩1分

地図

 

路線案内


白鴎大学(私立大学/栃木)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路