• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岐阜
  • 東海学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 人間関係学部

私立大学/岐阜

トウカイガクインダイガク

東海学院大学 人間関係学部

公認心理師・救急救命士・言語聴覚士など専門職のプロ、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・特別支援学校教諭をめざす!

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    人間科学は、「人間とは何か」という問いに対し、人文科学、社会科学、自然科学のあらゆる領域からアプローチしていく学問です。人間に関することならなんでも研究テーマになり得るため、自分や身の回りの人をもっと深く理解したい、人の行動心理が知りたいなど、人に対してなんらかの興味がある人に向いています。卒業後の進路としては、専門分野によっても異なりますが、教育、マスコミ、心理士やカウンセラーといった道が代表的です。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 救急救命士

    救急車の中や救急現場で救急救命処置を行うスペシャリスト

    心肺機能が停止状態になった重症患者に対する救急処置を、救急車の中などで、医師と連絡をとりながら行う仕事。従来は医師でなければ行えなかった処置が、平成3年の救急救命士法によって、救急隊員が行えるようになった。現在のところ、各地の消防本部に消防官に採用されることが条件。

  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    全国の国公立、私立の小学校で児童に教える先生。児童全員が一定レベルの教育を受けられるよう文部科学省が定めた「学習指導要領」の基準に沿って授業計画を立て、教科の指導を行います。授業以外にも授業の準備、教材やテストづくり、採点、PTA活動、学校行事の運営など仕事内容は多岐にわたります。また、小学校の6年間は児童の人間形成に影響を与える大事な時期でもあるため、教科指導のほかにも児童の自立心・社会性を考慮しつつ、生活面での指導も行います。「児童に一番近い存在の大人」として時には児童の相談にのるなど、子どもたちに寄り添って学校生活をサポートする重要な役割を担っています。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 臨床心理士

    心の問題にアプローチする専門家

    相談者の言動を観察し、心理テストを使って心理や性格判定をする。たとえば、精神病患者の心理検査・判定、不登校や通勤拒否、職場の人間関係や家庭内暴力で悩んでいる人などの援助を行う仕事だ。一般的には、カウンセラー、サイコセラピスト、心理判定員などと呼ばれている。

  • 幼稚園教諭

    “子どもが好き”を原点に、一人ひとりの個性を育てる

    毎朝登園した幼児の健康状態をチェックし、音楽、絵画、運動や遊びなどの指導をする。幼児は体調を崩しやすいので、十分な目配りが必要な仕事だ。子どもたちへの直接の教育のほか教室の掃除、カリキュラムの作成、園児の行動記録など仕事の範囲は広い。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • 特別支援学校教諭

    特別支援学校や小・中学校の特殊学級などで、障害についての理解をもとにそれぞれの教科を教える教員

    視覚障害や聴覚障害、知的発達障害、肢体不自由など、なんらかの障害によって通常の学校で勉強するのが困難な生徒のための学校(幼稚園から高校まで)で教科指導を行う。また、一般の小・中学校でも、特殊学級などで特別な支援を必要とする子どもたちの指導を行う。それぞれの障害の特徴や困難さを理解した指導が必要になるので、通常の教員免許とは別に「特別支援学校教諭免許状」も必要である。教員免許を取得する前に所定の単位を履修して取得するのが一般的だが、教員になったあとに講習などを受けて取得することも可能。

  • 心理カウンセラー

    心のケアが必要な悩みを抱えた人の精神的自立を助ける

    ストレス社会の現代、さまざまな悩みを抱え、社会的適応不全を起こして苦しんでいる人たちが数多くいる。そんな人たちの心をいやすため、心理学的な知識や技能を用いて、その回復や解決の手助けをする。相談の内容や対象者によってもいろいろなカウンセリングの方法がある。

  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

bug fix
bug fix

東海学院大学 人間関係学部の募集学科・コース

公認心理師・救急救命士・言語聴覚士へ。「こころを学ぶ」を原点に、医療・教育の現場で活躍できるプロを育成

心理

救急救命

言語聴覚

小学校教諭・幼稚園教諭・保育士・特別支援学校教諭の資格・免許を取得!子どもとともに成長する創造性豊かな教育者へ

小学校教育

保育

特別支援教育

東海学院大学 人間関係学部のキャンパスライフShot

東海学院大学 限りなく現場に近い実践授業で救急医療のプロをめざします
限りなく現場に近い実践授業で救急医療のプロをめざします
東海学院大学 岐阜県で唯一言語聴覚士をめざせる大学として知識と技術をしっかりと身につけます
岐阜県で唯一言語聴覚士をめざせる大学として知識と技術をしっかりと身につけます
東海学院大学 子どもにふれる機会を増やし、創造性と豊かな人間性を培います
子どもにふれる機会を増やし、創造性と豊かな人間性を培います

東海学院大学 人間関係学部の学部の特長

人間関係学部の学ぶ内容

心理学科
経験豊富な教員陣の指導で、臨床現場や教育現場で活躍できる知識と技能を身につけます。
●心理 多彩な講義と実習で心について理解を深めます。保健医療、福祉、教育などの分野において心理学に関する専門的知識や技術をもって、相談や助言などを行う公認心理師。本学では理論的および実践的な学習を組み合わせ、心の専門家として人々を支援できる人材を育成します。
●救急救命 実践授業で救急医療のプロをめざします。搬送中の傷病者に対して医師の指示のもと救急救命処置を行う救急救命士。医師や救急救命士による講義、救急現場を想定したシミュレーション実習を繰り返し、現場で必要なスキルと的確な判断力を養います。
●言語聴覚 言語聴覚士をめざして学ぶ岐阜県で唯一の大学です。言語聴覚士は、ことばに障害のある方のこころに寄り添い、豊かなコミュニケーションをめざして支援を行う専門職。臨床と教育の両面にわたる充実したカリキュラムを展開し、人間力と知識を兼ね備えた人材を育て、地域医療の中核を担う言語聴覚士を輩出しています。
子ども発達学科
子どもとともに成長できる創造性と人間性を培い、子ども学の専門家育成をめざします。
●小学校教育 子どもの「生きる力」を育む指導力を身につけます。学校を取り巻く多様な課題について学びを深め、子どもたち一人ひとりの持てる力を最大限に発揮できるよう、実践的な指導力を身につけていきます。
●保育 乳幼児の育ちについて深く学び、子どもの育ちを支援する力を身につけます。子どもを取り巻く現代社会の状況を考慮し、一人ひとりの子どもの思いに寄り添い、育ちを見通しながら、共に遊びや生活を紡いでいくことができる保育者をめざし、実践を通して学びます。
●特別支援教育 子どもの多様な教育的ニーズに対応できる教育力を身につけます。特別支援学校や小学校における障がいのある子どもの発達支援を専門的に学びます。子どもが示す様々な困難さの背景を理解し、保護者と教師の協同、校内外の連携により教育を推進することができるよう学びを深めます。

人間関係学部の資格

取得できる資格
【心理学科】認定心理士、中学校教諭1種[社会](国)、高等学校教諭1種[公民](国)
【子ども発達学科】小学校教諭1種(国)、特別支援学校教諭1種(国)、幼稚園教諭1種(国)、保育士(国)
受験資格が得られるもの
【心理学科】救急救命士(国)、言語聴覚士(国)
目標とする資格
【心理学科】公認心理師(国)、臨床心理士(大学院修了後)

東海学院大学 人間関係学部のオープンキャンパスに行こう

東海学院大学 人間関係学部の問い合わせ先・所在地

〒504-8511 岐阜県各務原市那加桐野町5-68
0120-373-072 (入試広報部)

所在地 アクセス 地図・路線案内
岐阜県各務原市那加桐野町5-68 「岐阜」駅から送迎バス 20分
「JR多治見」駅から送迎バス 95分
「那加」駅から送迎バス 20分
「美濃太田」駅から送迎バス 60分
「犬山」駅から送迎バス 45分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東海学院大学(私立大学/岐阜)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路