• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • びわこ学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 教育福祉学部

私立大学/滋賀

ビワコガクインダイガク

教育福祉学部

教育・保育・スポーツについて実践的に学び、心と身体の健やかな成長をサポートできる先生に

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    人間科学は、「人間とは何か」という問いに対し、人文科学、社会科学、自然科学のあらゆる領域からアプローチしていく学問です。人間に関することならなんでも研究テーマになり得るため、自分や身の回りの人をもっと深く理解したい、人の行動心理が知りたいなど、人に対してなんらかの興味がある人に向いています。卒業後の進路としては、専門分野によっても異なりますが、教育、マスコミ、心理士やカウンセラーといった道が代表的です。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    全国の国公立、私立の小学校で児童に教える先生。児童全員が一定レベルの教育を受けられるよう文部科学省が定めた「学習指導要領」の基準に沿って授業計画を立て、教科の指導を行います。授業以外にも授業の準備、教材やテストづくり、採点、PTA活動、学校行事の運営など仕事内容は多岐にわたります。また、小学校の6年間は児童の人間形成に影響を与える大事な時期でもあるため、教科指導のほかにも児童の自立心・社会性を考慮しつつ、生活面での指導も行います。「児童に一番近い存在の大人」として時には児童の相談にのるなど、子どもたちに寄り添って学校生活をサポートする重要な役割を担っています。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、小学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 養護教諭

    生徒の心身を支える、身近なカウンセラー的存在

    主として小・中・高校に配属される「保健の先生」。年間の保健計画に沿って、身体検査や保健教育などを行い、学校内の救急処置や生徒の健康管理と保健指導、健康相談、環境衛生、にあたる。保健室は、子供たちの「心の居場所」になっているケースが多く、いじめや学業などに関する心の問題や、ストレスを抱える子どものカウンセラーでもある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、養護教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 幼稚園教諭

    “子どもが好き”を原点に、一人ひとりの個性を育てる

    毎朝登園した幼児の健康状態をチェックし、音楽、絵画、運動や遊びなどの指導をする。幼児は体調を崩しやすいので、十分な目配りが必要な仕事だ。子どもたちへの直接の教育のほか教室の掃除、カリキュラムの作成、園児の行動記録など仕事の範囲は広い。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、幼稚園教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 児童指導員

    保護者の代わりに子どもを養育し、自立を支援する専門職

    児童指導員とは、何らかの事情で保護者からの養育を受けることが困難になった0から18歳の子どもたちを、公的責任の下で保護者に代わり保護・養育するという、責任ある仕事です。子ども一人ひとりに寄り添いながら成長を24時間体制でサポートし、自立のための援助も行います。社会状況の変化により、子どもたちが抱えている問題が多様化しているため、保育に関する知識はもちろん、心理学や医学的な幅広い知識をもつことが求められています。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • 教育学研究者

    よりよい学校のあり方を研究し、各教科の教育指導方法や心理学的な学習方法なども研究する。

    現在の教育現場で起こっている問題を分析し、また過去の教育のあり方を調べ、よりよい教育はどのようなものか、学校はどうあるべきかということを研究する。また一方では、各教科の教育指導方法や心理学的な学習方法についても現状を調査・分析し、どのような指導方法、学習方法がふさわしいのかといったことも研究する。それぞれの研究者が、自分の研究テーマをもとに「教育」を調べ、論文として発表し、学会などで討議される。大学や国の研究機関、民間の教育研究所などで活躍する。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

子どもや保護者の心に寄り添える教育者・保育者を育てます。

子ども教育コース

子ども福祉コース

スポーツを通して、教育現場やスポーツ業界、地域で活躍できる人材を育成します。

キャンパスライフShot

びわこ学院大学 附属こども園がキャンパス内にあるので、授業やボランティアなど、子どもとふれあう機会が豊富です。
附属こども園がキャンパス内にあるので、授業やボランティアなど、子どもとふれあう機会が豊富です。
びわこ学院大学 養護教諭の免許が教育系の学部で取得できるのは、全国的にも珍しい特長です。
養護教諭の免許が教育系の学部で取得できるのは、全国的にも珍しい特長です。
びわこ学院大学 学外での授業を多く取り入れるなど、実践力をつけるカリキュラムが特長です。
学外での授業を多く取り入れるなど、実践力をつけるカリキュラムが特長です。

学部の特長

学ぶ内容

子ども学科
教育現場では、教育指導だけでなく、保護者や地域など子どもを取り巻く環境へアプローチできる「教育福祉」の専門家が求められています。本学科では、乳幼児期から児童期までの子どもの発達・教育・福祉をトータルに学び、地域の教育・保育現場で活躍できる人材を育成します。
スポーツ教育学科
スポーツを通して、学校や地域社会に貢献できる人材を育成します。スポーツ技能習得をはじめ、教育学、心理学、栄養学、社会学などスポーツ教育に関連する分野や、障がいのある人への特別支援教育など、競技から健康スポーツまで幅広く学べます。学内だけでなく、地域の学校やスポーツ施設、団体との連携を通じて、実践的な学びを重ね、中・高の保健体育教諭や、障がいのある子どもたちの成長を支える特別支援学校教諭もめざせます。また、一般企業や警察官・消防士などの進路を志すことも可能です。

授業

教職実践演習
教員としての資質を向上し、力量を高めるため、実際の教育・保育の場面で起きる様々な問題をテーマにして学びを深めます。模擬授業やグループ討議などを通して、指導力、人間関係能力、社会性、生徒理解能力など現場で必要となる技術や対応力を身につけます。

学部のプロフィール

学部の特色
教育福祉学部では、子どもの本質や人間としての本質をしっかりと理解できる教育者の視点と、家庭や地域社会に働きかけることができる福祉の視点をあわせ持ち、幅広い現場で活躍できる人材の育成をめざしています。

オープンキャンパスに行こう

OCストーリーズ

就職率・卒業後の進路 

■就職実績(平成29年3月卒業生実績)
[就職率]100%(就職者77名) 公立学校教員(小学校教諭・養護教諭・特別支援学校教諭)、公立幼稚園教員、公立・私立保育所、認定こども園、障害者支援施設、公務員(警察官)、一般企業 ほか
■教員採用試験合格者の声
子どもの頃からの夢だった「小学校の先生」として教壇に立つことになります。夢が叶った嬉しさと同時に、責任感や緊張感で胸がいっぱいです。大学進学で高校の先生に相談したところ、「少人数で手厚いサポートが受けられる」と勧められ入学を決めました。学生に寄り添ってくれる先生方が多く、アットホームな雰囲気で学べて本当に良かったと思います。また、小学校教諭に加えて、養護教諭の免許も取得できるのは他にない魅力で、応急処置や予防医学なども学べたことは、大きな力になりました。

問い合わせ先・所在地

〒527-8533 滋賀県東近江市布施町29
0748-35-0006 入学センター

所在地 アクセス 地図・路線案内
滋賀県東近江市布施町29 JR「近江八幡」駅からスクールバス 18分
近江鉄道「大学前(滋賀県)」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内


びわこ学院大学(私立大学/滋賀)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る