• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 地方公務員
  • 志望動機を教えて!
地方公務員の志望動機を教えて!

地方公務員の志望動機を教えて!

全国のオススメの学校

地方公務員は、行政、教員、警察官、消防士など、さまざまな職種があるため、どの仕事をしたいかによって、志望動機は異なるでしょう。地域に密着してそこに住む人々のために働くことになりますが、地方公務員を目指す理由は何でしょうか。
「生まれ育った地域の人のために働きたい」「住みよい街づくりに貢献したい」「故郷を支える仕事をしたい」「安定した仕事に就きたい」など、理由は人それぞれです。

地方公務員には使命がある

地方公務員は「全体の奉仕者として公共の利益のために勤務する」と、地方公務員法で義務付けられています。業務内容は地域社会全体にかかわる公共性の高いもので、地域住民のためのサービス業でもあります。
そのため、社会に貢献したいという思いから地方公務員になりたいと思う人は多いようです。国家公務員と違って、勤務地はその自治体のなかに限定されていますから、地域に根差す仕事であり、村や町などの小さな規模になるとより地域に密着して業務をおこないます。すると、サービスを受ける側の顔が見えるので、お互いの関係が密接になり、よりよい地域社会が生み出されるかもしれません。大都会であれ田舎であれ、行政として地域住民のよりよい暮らしのために貢献したいという強い思いがあることがやはり基本ではないでしょうか。

安定性に頼らず、何をしたいのかを考えておく

公務員の志望理由の一つに「安定性」を挙げる人は多いようです。確かに、一般企業と違って倒産することがなく、仕事はなくなることはありません。ただ、国や地方の財政が苦しいなか、今後、幅広く伸びていく業務というわけでもないのは事実です。
毎日同じことの繰り返しという部署があれば、日々さまざまなことが起こる部署もあるでしょう。安定性にあぐらをかいていては、よい仕事に繋がりません。
「住みやすい街を目指したい」「子育て環境をよくしたい」「安心して暮らせる地域にしたい」・・・そんな思いを抱えている人は多いはずです。安定性に頼らず、自分が具体的に何をしたいのかを考えておくとよいでしょう。

関連する記事

地方公務員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
RECRUIT